塗装面の「肌」、下記の写真をよく見ていただけると分かるのですが塗装面にうねりというか凸凹があるのがお分かりかと思います。これは車輛生産時にできる物で新車時から一度もボディ修理をしてない車には必ずこの凸凹があります。この「肌」はメーカーや車種によっても違いますし同じ車種で同じ色でも生産される工場や年式によって変わったりもします。板金塗装修理をする際にこの「肌」を出せないと修理したのが一目瞭然となります。「匠」の腕の見せ所ですね。板金塗装は「安心」と「納得」を提供するダイワカークラフトにお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です